タグ:木の実 ( 24 ) タグの人気記事


2009年 09月 01日

肝木(カンボク)

a0067758_22141225.jpg
a0067758_22144035.jpg
スイカズラ科・ガマズミ属(09.08 撮影)

湿った林縁によく見られる落葉低木です。葉は対生し広楕円形~円形で三裂し、縁には鋸歯があり先が尖っています。早いものでもう9月なんですね、いつの間にか肝木もこんなに色づいていました。


にほんブログ村、花ブログに参加しています。応援の一押し頂けると嬉しいです(^_^)
   ↓ ↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

by e_8667354 | 2009-09-01 23:06 | スイカズラ科 | Trackback | Comments(3)
2009年 08月 30日

吊花(ツリバナ)

a0067758_23115079.jpg
a0067758_23153528.jpg
ニシキギ科・ニシキギ属 (09.08 撮影)

日本各地の山地に生える、高さ約5mになる落葉低木。5~6月、径6~8㎜で淡緑色~淡紫色の小さな5弁花を咲かせる。以前Upしたツクバネの側で見つけました。


にほんブログ村、花ブログに参加しています。応援の一押し頂けると嬉しいです(^_^)
   ↓ ↓
にほんブログ村 花ブログ 山野草・高山植物へ
にほんブログ村

by e_8667354 | 2009-08-30 23:25 | ニシキギ科 | Trackback | Comments(12)
2009年 08月 14日

衝羽根(ツクバネ)

a0067758_23521115.jpg
ビャクダン科・ツクバネ属 (09.08 撮影)

本州(関東以西)~九州に分布。低山の林内のアセビやモミなどに半寄生する落葉低木。無数に分枝して高さ1~2メートルになる。雌雄異株で果実は長さ約1センチの楕円形で先端に花の後に大きくなった苞が残り、その姿が羽根突きの羽に似ていることから名前が。
~栃の葉書房「山草図鑑」より参照~ 空に向かって投げるとクルクルと回りながら落ちてくるのが面白くて飽きずに遊んだものでした。(^_^)

by e_8667354 | 2009-08-14 23:55 | ビャクダン科 | Trackback | Comments(4)
2008年 11月 14日

衝羽根(ツクバネ)

a0067758_19164894.jpg
a0067758_1917278.jpg
ビャクダン科・ツクバネ属 (08.11 撮影)

本州(関東以西)~九州に分布。低山の林内のアセビやモミなどに半寄生する落葉低木。無数に分枝して高さ1~2メートルになる。雌雄異株で果実は長さ約1センチの楕円形で先端に花の後に大きくなった苞が残り、その姿が羽根突きの羽に似ていることから名前が。
~栃の葉書房「山草図鑑」より参照~ 幼い頃は裏山でよくこの実で遊んだ記憶があります。

ツクバネの足下には亀甲ハグマが…。

by e_8667354 | 2008-11-14 20:01 | ビャクダン科 | Trackback | Comments(10)
2008年 11月 02日

野葡萄(ノブドウ)

a0067758_21594746.jpg
a0067758_2211787.jpg
ブドウ科・ノブドウ属 (08.10 撮影)

先日コスモスを見に出かけた公園内の湿地帯エリアに木道があり私はここを歩るくのがお気に入りです。木道脇にはいろんな植物が自然に近い状態で見ることが出来、また周りの雑木林も自然態で良い雰囲気です。のんびり眺めながら歩いて約1時間半くらいですがほとんど平日に出かけるのでなおですが、休日でもめったに人に会いません独り占めです(^_^)
そんな木道脇の雑木林にはノブドウが沢山絡みついていました。この日はコスモスよりこちらがお目当てでした…(^_^;)

by e_8667354 | 2008-11-02 22:31 | ブドウ科 | Trackback | Comments(8)
2008年 10月 24日

秋の彩り…オトコヨウゾメ・ウメモドキ・ヒオウギ

a0067758_11391162.jpg
男ようぞめ(スイカズラ科・ガマズミ属)
a0067758_1140495.jpg
梅擬(モチノキ科・モチノキ属)
a0067758_11394337.jpg
檜扇(アヤメ科・ヒオウギ属)

秋も深まり紅葉前線もだいぶ里まで近づいてきたようです。葉を落とす前の色づいた実もまたそれぞれに味わい深く美しいものです。今年は実ものが豊富とかまだ色々と楽しめそうですね。

by e_8667354 | 2008-10-24 12:39 | スイカズラ科 | Trackback(1) | Comments(8)
2008年 10月 23日

秋の彩り…ヒヨドリジョウゴ

a0067758_177349.jpg
a0067758_177333.jpg
ナス科・ナス属 (08.10 撮影)

8月には白い可憐な花を咲かせていた鵯上戸も秋本番の10月半には艶々の赤い綺麗な実に。。鵯がこの実を好むことからヒヨドリジョウゴの名前が。

by e_8667354 | 2008-10-23 17:29 | ナス科 | Trackback | Comments(8)
2008年 04月 17日

青木(アオキ)

a0067758_2223382.jpg
a0067758_92477.jpg
ミズキ科・アオイ属 (08.04 撮影)

雌雄異株。2枚目、真ん中に雌しべが一つあるのが雌株だそうです。

by e_8667354 | 2008-04-17 23:55 | キンポウゲ科 | Trackback | Comments(0)
2007年 11月 29日

シロヤマブキ(白山吹)

a0067758_17145739.jpg
a0067758_17153958.jpg
バラ科・シロヤマブキ属 (07.11 撮影)

山地や丘陵地に生える高さ約2mの落葉低木。葉は対生し、卵形で縁に鋭い重鋸葉があり
葉脈が目立つ。枝の先端に白い4花弁の花をひとつ付け、果実は黒色で光沢がある。
ヤマブキの白花種であるシロバナヤマブキと間違えやすいが、ヤマブキの葉は互生し花は
5弁果実は茶褐色である。~栃の葉書房「山草図鑑」より参照~
絶滅危惧IB類(EN)
近い将来に絶滅する危険性が高い種

by e_8667354 | 2007-11-29 19:00 | バラ科 | Trackback | Comments(4)
2007年 11月 27日

シロダモ

a0067758_213172.jpg
a0067758_2134619.jpg
クスノキ科・シロダモ属 (07.11 撮影)

雌雄異株で葉は光沢があり3 本の葉脈が目立ちます。

by e_8667354 | 2007-11-27 21:37 | クスノキ科 | Trackback | Comments(8)