2007年 10月 10日

ヤマハッカ(山薄荷)

a0067758_2122676.jpg
シソ科・ヤマハッカ属 (07.10 撮影)
a0067758_21333372.jpg
シソ科・ヤマハッカ属 (07.09 撮影)

いつものお気に入りの場所、田んぼ側の用水堀周辺です。ここではツリフネソウ、サクラタデ、
ボタンヅル、ミゾソバ、イボクサ等など沢山の野草が見られます。そして今年はじめて田んぼ
の中にコナギも見つけました。ウメバチソウやコシオガマもちらほら咲き出していました。
※ 画像2枚目はもしかしたらヒキオコシ(引起こし)かもしれません。



a0067758_2245830.jpg
コナギ(小菜葱) ミズアオイ科・ミズアオイ属 (07.09 撮影)

ミズアオイ?と思っていたのですがどうもコナギらしいです。
「ナギはミズアオイの古名、小さなナギの意味で花は青紫色で葉の陰に咲き、一日でしぼん
でしまう」とありました。
[PR]

by e_8667354 | 2007-10-10 22:54 | キク科 | Trackback(1)
トラックバックURL : https://my8667354.exblog.jp/tb/6290810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 野草風薫 at 2007-10-13 06:14
タイトル : 水田植物 Ⅱ
 キクモ (菊藻) 本州以西の水田や湿地に群生するゴマノハグサ科の多年草です。 草丈20~60cm、地下茎は泥の中を這い、茎の先が立ち上がって水上に出ます。 細かく裂けた葉が輪生し、この葉が菊の葉に似ていることから菊藻と付けられています。 花は葉の腋から柄のない紅紫色の花を一つ付けます。 もう、終わりかけだったので、奇麗なのを一花見つけれただけでした。  コナギ 水田などに生育して、群落を形成しているミズアオイ科の一年草。 一年草なのですが、発生量が多く、しかも養分収奪力が大き...... more


<< テンニンソウ(天人草)とアカソ...      ヒダカミセバヤ(日高ミセバヤ) >>