2009年 07月 29日

黄釣船と花釣船草

a0067758_22445922.jpg
a0067758_22452662.jpg
a0067758_22465533.jpg
a0067758_22472959.jpg
☆黄釣船(キツリフネ)
 日本各地の山地や湿った樹林内に生える1年草。高さ40~80㎝、7~9月に葉腋から細い花柄を出し、3~4㎝の黄色い花をつり下げます。花の内側に赤褐色の斑点があり、距はゆるく下に曲がる程度です。花の形が華道で用いる花器のの吊り船に似るツリフネソウの黄花という事からのようです。
☆花釣船草(ハナツリフネソウ)別名を源平ツリフネ
 西インド~パキスタン原産の1年草。綺麗な2色の染め分けになる。どちらもツリフネソウ科・ツリフネソウ属です。
[PR]

by e_8667354 | 2009-07-29 23:05 | ツリフネソウ科 | Trackback
トラックバックURL : https://my8667354.exblog.jp/tb/8723628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 白鷺蚊帳釣り(シラサギカヤツリ)      風蘭(フウラン) >>